一人親方労災保険は即日加入が可能で便利!

事業主が従業者として労働している会社

労働中にケガをしたりしたときの保障をするのが労災保険です。しかし、国が管轄している労災保険は事業主が労働者のために加入するものです。そのため、事業主は加入できません。

しかし、実際に事業主が従業者として労働している会社は多くあります。特に建設業は一人親方として労働している業者がたくさんあります。そんな一人親方のためにあるのが一人親方労災保険です。では、この労災保険に加入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず最大のメリットは一人親方でも労災保険に加入できるので、もし労災に遭った時でもきちんと補償されるということです。実際に建設業には労災に遭遇する可能性があります。

もし一人親方の場合、ケガをしてしまうとどうなってしまうでしょうか。仕事を行うことができなくなり、一気に収入がゼロになります。生活できなくなるのです。そこで、労災保険に入っていれば生活が補償されます。

さらに、労災保険に加入しているので公共工事でも請け負うことができます。それだけ、仕事を請け負う幅が広がるのは最大のメリットともいえます。実際に一人親方は一人で労働し、そして営業もしなければいけません。

そして、時には忙しい現場の仕事もお願いされることがあります。その際に、労災保険に入っていなければ、せっかくもらった仕事も請け負うことができなくなってしまいます。ビジネスチャンスをつぶさないためにも労災保険に入ることには大きなメリットがあります。